さまざまな種類のある首イボの症状と治療法

首イボの治療法
首イボは皮膚腫瘍の一つですが、ほとんどの場合は伝染するものではなく適切な治療で取り除くことができます。30代の中高年以降から症状に悩まされるかたが増えてきますが、痛みも痒みも伴わないことから放置しているケースも少なくありません。しかし、見た目が悪く自然に治ることはほとんどありませんし、時間が経つと色が変化をしたり大きくなることもあるため、何らかの対処をして改善させていくことが望ましいとされています。

ただし、無理矢理取り除こうとすると傷口から雑菌が入り炎症を起こしてしまう可能性も高まりますので、首イボが気になったらまずは皮膚科への受診がおすすめです。一口に首イボといっても表れる症状や原因には違いがありますので、医師に診てもらうことで確実な治療を行えます。

首イボにはアクロコルドン、スキンタッグ、脂漏性角化症、軟性繊維腫といった種類があります。まずアクロコルドンは皮膚が柔らかい場所に発生しやすいイボで、イボ自体も2mm程度と小さく柔らかなのが特徴です。加齢と共にできやすくなり30代以降に目立ち始めますが、年齢的なものだけではなく紫外線や摩擦、遺伝的な影響も原因だと考えられています。突起が小さければはさみでカットを行う治療もでき、傷痕も残りにくいイボです。

他にも液体窒素やレーザーを使った除去を行いますが、保険適用されるために治療費安くなります。スキンタッグはアクロコルドンよりも突起が大きくなったもので、見た目が異なりますが病変は同じです。ただ大きい分、ネックレスやシャツの襟などが引っかかりやすくなりますので、健康的には害はなくても除去を考えるかたが多く見られます。特に摩擦によって炎症を起こしてしまっている場合には早めに取り除いたほうがいいでしょう。治療方法は液体窒素の凍結療法かレーザー除去が主ですが、イボが大きい場合には液体窒素では一度で取れない場合もあるため、繰り返しの治療が必要です。

脂漏性角化症は年寄りイボと言われているもので、皮膚の老化と紫外線の影響によって発生するとされています。最初は1mm程度の小さなものがポツポツとできる程度ですが、放置しておくと数も増えて大きくなっていきますので早めの治療が得策です。

凍結療法やレーザーの他にも、大きくなりすぎたイボに関しては電気メスなども使用して除去します。軟性繊維腫は肌色から薄茶色の1cmくらいになる大きなイボができます。中高年以降のかただけではなく、肥満体型、妊娠中の女性、そして糖尿病のかたにできやすい首イボです。ホルモンバランスの変化や血糖値による影響が原因の一つと考えられていて、患部が大きくなるため、治療は局所麻酔を使ったメスでの切り取りかガスレーザーによる焼き切りがメインです。

これらの良性腫瘍の首イボだけではなく、急に大きくなったり出血が伴うなどといった症状が出ている場合には稀に悪性のものの可能性もあります。いずれにしても医師の診察を受けてイボの種類を見分けてもらうのが何よりですので、素人判断で改善させようとせずにきちんと皮膚科に行って診てもらってください。