青汁=苦い、まずいはもう古い?今の青汁が美味しい理由とは?

青汁は苦い?美味しくない?

青汁 味
みなさんは「青汁」と聞いてどのようなことを思い浮かべるでしょうか。苦い、美味しくない、そんなふうに考える方が圧倒的に多いのではないかと思います。昔からあるCMでも「まずい、もう一杯」なんて言っていますしね。青汁は体には良いのだろうけど、美味しくないし、美味しくなさそうだし、飲みたくない。そのように考える方は決して少なくはないはずです。

確かに、青汁は昔は非常に「まずい」飲み物でありました。しかし今の青汁はむしろ「美味しい」飲み物であるのです。青汁は長く飲み続けること、習慣化することが重要ですが、美味しくないという理由から断念してしまう人は極めて多かったはずです。それでは健康のためになりませんし、企業としても、売り上げが上向しないわけですから、なんとかこの部分を改善しなければなりません。そうして今では、青汁の栄養素ばかりでなく、味にもこだわる企業が多いのです。その競争の結果、今日では美味しい青汁が多数販売されています。

その味は色々とありますが、はちみつのような甘さがあったり、レモン風味でさっぱりと行ける味だったり、抹茶のような深い味わいだったりします。ジュースやお茶の代わりとして飲めるようなものが非常に多いんですね。そして味の多様化に応じて、たとえばミルクやヨーグルトと混ぜて飲むなど、飲み方にも様々な工夫が生まれています。それ自体美味しく、色々な飲み方ができるというのが、今の青汁なんですね。

どうして今の青汁は美味しいの?

青汁 健康
それでは、なぜ今の青汁は美味しいのでしょうか。それには2つ理由があります。ひとつは、原材料が昔とは若干異なること、そしてもうひとつは、青汁をより美味しくするために、レモン果汁や茶葉など風味を与える何かを加えているということです。

青汁は従来ケールを原材料としてつくられてきました。ケールはとても栄養価の高い野菜なのですが、苦くて美味しくないというデメリットも有しています。これのみで青汁をつくると、苦くてまずい青汁ができあがるというわけです。これを改善するために、最近の青汁は大麦若葉や明日葉などを原材料としてプラスしています。この配合をうまくすることによって、苦みを抑えた青汁が完成するのです。そしてそこに、たとえばハチミツであったり、レモン果汁であったり、茶葉であったりをブレンドすることで、ジュースのように、あるいはお茶のように飲める青汁ができあがるんですね。

かくいう私も、子供にときに一度青汁を断念したことがある人間なのですが、最近になって再び青汁を飲んでみましたら、昔とは比べ物にならないほど美味しくなっていて、びっくりしました。過去に青汁を断念してしまった人でも、今の青汁であれば難なく続けられるのではないかと思います。1日にほんの1、2杯飲むだけで、必要な栄養素を手軽に摂ることができるのですから、青汁は野菜不足がちの私たちの健康に大いに寄与してくれるものだといえます。お金に余裕があるのなら、飲んでおいたほうが絶対に得です。

とはいえ、いきなり数千円も支払って青汁を購入するのは、お金を無駄にしてしまいそうで不安だという方もいらっしゃるでしょう。ですから、まずはお試しパックなどの安価な商品を買うことをおすすめいたします。それをとりあえず飲んでみて、続けられそうだと思ったら、追加で注文すればよいのです。

今の青汁は本当に美味しいですから、どうしても野菜が不足してしまうなあという方は、ぜひ青汁を買って試してみてくださいね。