首イボができてしまう原因と治し方


肌は年齢を重ねるにつれて顔だけではなく首にも変化が表れてきます。特に30代以降になると首にできる「首イボ」というイボができやすい状態になってしまい、触るとブツブツした質感になってしまったり、ネックレスや服の襟がイボに引っかかったりと、不便な事が多く見た目も悪いです。ここではそんな首イボができてしまう原因と治し方を詳しく見ていきたいと思います。

首イボができる原因

そもそも首イボとは皮脂と脂肪からできている腫瘍の一種で、皮膚の薄い首や脇、デコルテなどにできやすいものです。大きさによって呼び名が違い、数ミリの小さなものはアクロコルドン、1cm前後の大きさのものは軟性線維腫、それ以上大きくなったものを懸垂性線維腫といいます。このようなイボができてしまう原因は紫外線による肌への刺激や、服や肌同士で擦れた時に起こる摩擦が積み重なって、皮膚が隆起しイボになってしまいます。

皮膚腫瘍の一種ですが殆どの場合が良性のものなので、放置しても何の問題もありませんが、老化によってイボの大きさも大きくなってしまう可能性があります。さらに、イボだと思っていたらウィルス感染するウィルス疣贅と言われる感染症だったり、悪性腫瘍だったりする場合もあるので、イボの見分けには注意が必要で様子がおかしいイボを見つけたら必ず専門医の受診をすることが大切です。

首イボの治し方


イボに悩み治したいと思ったなら、医療機関で相談をして小さなイボのアクロコルドンであればハサミで切除したり、液体窒素で冷却し固まったイボをピンセットでとる液体窒素治療などがあります。いずれも麻酔なしでできて、切除した後の出血も殆どなくカサブタになり通常の皮膚に戻っていくので、比較的簡単にできて患者の負担も少ないものになっています。少し大きくなった軟性線維腫と懸垂性線維腫は局所麻酔を使ってメスで取り除く手術が必要になりますが、さほど大げさな手術ではありません。

医療機関での切除以外にも、塗り薬などで首イボを治すことに効果的な成分がいくつかあります、特に「ヨクイニン」と言われる漢方薬がイボの治療には有効と言われており、肌の炎症や再生、柔軟化などに効果があります。ドクダミエキスも毛穴を正常な状態に戻す作用があり、その効果は厚生労働省のお墨付きなほどです。

自分でイボを治すことができる市販薬も数多く販売されていて手軽に首イボのケアができますが、市販薬の効果は個人差が激しいので確実にイボを治したい場合は、医療機関を受診し、切除してもらうことが安心で安全な対策です。